カーリースFAQ

節税効果バッチリ!カーリース法人契約のメリットデメリット

投稿日:

元々、法人向けのサービスとして始まったカーリース。法人がカーリースを利用することには様々なメリットが存在します。
それが、人気を博してきた理由なのです。

利用する上では、デメリットの存在もしっかりと考慮に置いておかねばなりません。

カーリースの法人契約にかかるメリットデメリットについて、ご紹介しましょう!

法人がカーリースを利用するメリットは、何と言っても節税効果!

普通、法人で車を購入した場合、会計上は固定資産として計上しなければなりません。
資産を持っている場合、課税の対象となり税金がかかってしまいます。

ですが、カーリースで借りた車両の料金は全額、経費にすることができます。
この経費には、税金がかかりません!

現在法人向けカーリースで主流になっているメンテナンスリースだと、経費にできるのは車両本体のリース料のみならず、税金・車検費用・整備費用・消耗品費もまとめて計上できるので、法人にとっては節税効果は大きなものとなります。

カーリースでは、車両維持のため必要になってくる車検や整備を業者に一任するというシステムなので、法人のように多数の車両を使用する場合、その運用にかかる手間を極力抑えることができます。

それはすなわち、人件費や時間の削減、業務の効率化に直結するのです。

業務の効率化という観点からもう一つ言えることは、車両を購入した時には減価償却という経理上の手間が発生してしまいますが、それがカーリースの場合には存在しないということ。

さらに、自動車を使っていく上でその都度必要となる諸費用は、月々のリース料金に折り込み済みなので、常に同じ金額を計上できるようになります。そうなると、経理は断然シンプルになり、資金計画も立てやすくなるでしょう!

他にもある、法人がカーリースを利用することのメリット

法人向けのカーリースはあくまでも事業用として、走行距離が長めに設定されていたり、料金が安価に設定されていることも嬉しいポイント。

しかも、荒っぽい運転がされるリスクを考慮しての契約となっているのです。
車両を丁寧に扱うに越したことはないのですが、リース車だからと必要以上に神経質にならなくて済みます。

また、いつでも新しい車に乗れるということは、社用車として利用した場合に、取引先にフレッシュな印象を与えられるという効果があります。

カーリースには、購入するよりも大幅に初期費用を抑えることができるというメリットもあります。
新しく事業を始めたい場合や、設立したばかりで資金が厳しい…という場合に、うってつけですね!

また、数年後に事業内容が変化したという場合、カーリースでは購入するよりも資金を無駄にしてしまうリスクが少なくて済みます。

移り変わりの激しいビジネスの世界にマッチしているのが、法人向けカーリースサービスなのです。

忘れちゃいけない、法人向けカーリースのデメリット

ここまで法人向けカーリースのメリットを挙げてきましたが、デメリットも存在します。

契約期間は中途解約というものが、基本的には出来ません。

やむを得ず解約する場合は、一括で残りのカーリース料金を払わければならなくなる他、多額の違約金が掛かるので、そうなると肝心の、資金が節安できるというメリットがかき消されてしまいます。

また、走行距離があらかじめ決められているのにも注意が必要です。

法人向けのカーリースは個人向けに比べて、走行距離が長めに設定されてはいますが、うっかりオーバーしてしまわないように気を付けなければなりません。

金利にはくれぐれもご注意!

また、カーリースは金利が多めにかかってしまうデメリットが存在します。
車両本体に金利がかかるのはもちろんのこと、支払う税金や保険料・車検・メンテナンス費用にも金利がかかってしまいます。

こうした諸金利は、銀行の金利よりも高くなるケースもあります。
リースする期間が長期間に及ぶ場合、そのコストは無視できないものとなるでしょう。

車両の運用に掛かる手間や追加費用を全てまとめて、カーリース料金に含めることができるのは大きなメリットですが、その半面金利がかさんでしまうのが、カーリースを利用する上で留意しなければならないポイントです。

まとめ

業務上の手間・人件費を最小限に抑え、生産性を高めることができる上、資金計画を明確にし、事業の見通しがつきやすくなるのが、法人向けカーリースの魅力です。

カーリースというサービスがもたらす特有のメリットは、法人が利用するのにベストマッチングしています。
数多くの車両を扱うことになる事業を行うのであれば、カーリースを検討されてみて間違いはないでしょう!

ですが事故が発生した場合、高額な違約金を払わなくならねばならなかったり、金利がかかってしまうデメリットも存在します。
カーリースを利用することのリスクを熟考し、デメリットよりもメリットのほうが大きいと確信した場合に、契約を行うように心掛けていけましょう!

カーリースにおすすめの業者

コスモスマートビーグル

CMでお馴染みのコスモ石油のカーリースサービスです。車検や自動車保険はもちろん、タイヤ交換、バッテリー交換、ブレーキパット交換などの消耗品もコミコミのプランを用意しています。また、コスモ石油が運営しているためコスモ石油で給油することで常に5円引きのサービスも受けられるようになります。
対応車種 全メーカー全車種OK
特典 ガソリン料金値引き
対応地域 全国
運営会社 コスモ石油

もろコミ

もろコミはカーコンビニ倶楽部が運営するカーリースサービスです。もろコミには7年プラン、9年プランがあり、9年プランだとリース後に車を貰うことができます。7年プランの場合は、7年後に乗り換えるか、そのまま車を買い取ることもできてしまいます。長期間車に乗ることを前提に考えられたサービスとなりますね。また、国産車なら全車種OKなので、自分の好きな車を選べるの魅力です。
対応車種 国産乗用車全車種
特典 メンテンス特典付き
対応地域 全国
運営会社 カーコンビニ倶楽部

オリックスカーリース

オリックスのグループ会社でカーリースの他「レンタカー」、「カーシェアリング」の事業も行っています。オリックスのカーリースのプランには、リース終了後に自分の車になる「いまのりセブン」、「いまのりナイン」というプランがあり、長く車に乗りたい、将来的には自分のものにしたいという人には向いています。ただ、車検はもちろん無料ですが、オイル交換が半年ごとに無料クーポンで対応しているというプランのみしかないので少し残念です。
対応車種 国産車を中心に指定機種をラインナップ
特典 なし
対応地域 全国
運営会社 オリックス

-カーリースFAQ

Copyright© カーリース徹底ガイド|メリット・デメリット解説&おすすめ業者比較 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

コロナの影響で選べる車種が減ってきています
もろコミ公式サイト