カーリースFAQ

カーリースは個人事業主でもお得?契約時のメリットデメリットとは?

投稿日:

法人が契約するとメリットが大きいと言われているカーリースですが、実は個人事業主の方でもメリットが存在するというのはご存知だったでしょうか?

一方で、個人や法人と共通するデメリットも存在します。個人事業主だからこそ、カーリースをおすすめする理由をご紹介していきましょう!

法人契約時と同じ節税効果!個人事業主がカーリースを利用するメリット

個人で事業を営んでいて、必要になるケースが多いのが自動車
あらかじめ持っているのであればよいのですが、事業で新規に必要になったというのなら大変な話です。

一括で購入するにしてもローンを組むにしても、初期費用がバカになりません。
そんな時におすすめなのが、カーリースサービス

悩ましい費用の問題が、スッと解決することでしょう!

個人事業主がカーリースを利用することのメリットを挙げてみます。

  • 節税効果がある
  • 会計上の処理が楽になる
  • 大幅に初期費用を節約することができる

節税効果についてですが、これは車両の代金を固定資産ではなく、カーリースの月々の代金として経費に計上できることによります。
固定資産には税金がかかる一方、経費には税金がかかりません。

こうした節税効果は事業での大きなメリットとなります。

また、会計上の処理が格段に楽になるのも見逃せません。
事業で車両を購入した場合、経理上それを資産として計上するのはもちろんのこと、減価償却を行わければなりません。

この減価償却というのは、車両のような資産価値が認められるものに対し、購入費用全額をまとめて計上するのではなく、耐用年数で割り算をして費用として計上していくものです。

この減価償却を行うと、経理上の手間が発生してしまいますが、カーリースであれば月額料金を、そのまま経費として計上すればそれで済みます。

経理を自分で行わければならない個人事業主の方にとっては、大きなメリットと言ってよいでしょう!
減価償却ってどうするの?と頭を抱えずに済みます!

車両を購入するのとリースするのでは、もちろんリースしたほうが断然初期費用を抑えることができます。
事業初めの時期は、何かとお金がかかってしまうもの。そんな中で少しでも資金を節約できるのは、非常に嬉しいことです!

注意しておきたい、個人事業主がカーリースを利用する上でのデメリット

今度は、個人事業主がカーリースを利用することのデメリットを挙げてみます。

  • 中途解約が基本的に出来ない
  • 走行距離に気を配らなければならない

カーリースサービスは、基本的に中途解約ができません。

もし事故や盗難などの、やむを得ない事情があって解約する場合には、残りの期間のリース料金を一括で返済する羽目になってしまう上、高額な違約金が発生することも…。

カーリースによってもたらされるメリットは大きいのですが、こうしたリスクの存在は考慮しておく必要があるでしょう。

返却時に現状維持が基本のため、リースしている車に極力傷を付けないよう、常日頃から注意深い運転をしなければなりません。
もちろん安全運転は基本ですが、運転に自信がない方や運転が荒い方は、カーリースというサービスは向いていないと言えます。

なお事故が発生した場合、リース会社に連絡すれば色々と面倒な保険会社との諸手続きを一任することができます。

また、設定された走行距離を超過してしまわないよう注意しなければなりません。
事業用であれば、多かれ少なかれ長距離を走行すると思われるので、メーターを定期的にチェックするのをおすすめします。

個人事業主にとって嬉しい、リース審査とは

事業で車が必要なのに、肝心のローン審査に落ちてしまうことも…。
個人事業主の方の場合、年間所得は収入に比べて少なめになる傾向があるため、こうしたケースは珍しくないのです。

ですが、まだ諦める必要はございません。
カーリースならば、同一条件でも審査に通る可能性もあります。

カーリースは契約する時に前もって、期間満了時の車両の下取り価格(残存価格)を決め、それを現在の車両の下取り価格から差し引き、その差分を与信調査する形になります。(月額料金も、差分を分割払いするやり方です)

つまり、カーローンを組むよりも求められる経済力が少なくて済むのです。

ローン審査で諦めていた方は、カーリースで再挑戦を狙ってみてはいかがでしょうか?
もちろん、携帯やクレジットカードで分割払いがあった場合、事前になるべく支払いを完了させておいたりする個人レベルの準備も怠りなく!

まとめ

ここに挙げました、個人事業主がカーリースを利用する各種メリットデメリットは、個人・法人向けカーリースと共通しています。
個人事業主の方にも、カーリースを利用することによってもたらさせるメリットは大きなものです。

初期費用を大幅に抑えられる・節税効果が期待できる・経理上の手間を大幅に省くことができるといったメリットは、資金繰りがシビアな個人事業だからこそ、大きな恩恵となってくるでしょう。

この記事をお読みになって、少しでも興味が湧いたという個人事業主の方は是非とも、カーリースサービスをネットで検索されてみてください。

きっと、ご自身の事業にベストマッチングしたカーリースサービスが見つかることでしょう!

カーリースにおすすめの業者

コスモスマートビーグル

CMでお馴染みのコスモ石油のカーリースサービスです。車検や自動車保険はもちろん、タイヤ交換、バッテリー交換、ブレーキパット交換などの消耗品もコミコミのプランを用意しています。また、コスモ石油が運営しているためコスモ石油で給油することで常に5円引きのサービスも受けられるようになります。
対応車種 全メーカー全車種OK
特典 ガソリン料金値引き
対応地域 全国
運営会社 コスモ石油

もろコミ

もろコミはカーコンビニ倶楽部が運営するカーリースサービスです。もろコミには7年プラン、9年プランがあり、9年プランだとリース後に車を貰うことができます。7年プランの場合は、7年後に乗り換えるか、そのまま車を買い取ることもできてしまいます。長期間車に乗ることを前提に考えられたサービスとなりますね。また、国産車なら全車種OKなので、自分の好きな車を選べるの魅力です。
対応車種 国産乗用車全車種
特典 メンテンス特典付き
対応地域 全国
運営会社 カーコンビニ倶楽部

オリックスカーリース

オリックスのグループ会社でカーリースの他「レンタカー」、「カーシェアリング」の事業も行っています。オリックスのカーリースのプランには、リース終了後に自分の車になる「いまのりセブン」、「いまのりナイン」というプランがあり、長く車に乗りたい、将来的には自分のものにしたいという人には向いています。ただ、車検はもちろん無料ですが、オイル交換が半年ごとに無料クーポンで対応しているというプランのみしかないので少し残念です。
対応車種 国産車を中心に指定機種をラインナップ
特典 なし
対応地域 全国
運営会社 オリックス

-カーリースFAQ

Copyright© カーリース徹底ガイド|メリット・デメリット解説&おすすめ業者比較 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

コロナの影響で選べる車種が減ってきています
もろコミ公式サイト