カーリースサービス業者の特徴

コスパ良好カーリースサービス、オリックスの驚きの料金モデルとは?

投稿日:

レンタカーのみならず、カーリース業界大手のオリックス自動車。自動車購入台数が年間で10万台で、これは業界1位です。

だからこそ、他の業者には真似できないお得な料金プランがオリックスにはあります。(車両を大量に購入しているので、そのぶん一台当たりの代金が安くなっています)

オリックスが人気を博している、その理由をご紹介しましょう!

オリックスを契約するメリット

車両保有台数が日本一のオリックスだからこそ、国産の全メーカーから車両を自由に選択することができます。
あの車両がリースできない…といった心配は、まずしなくて大丈夫です。

審査期間最短で2日、遅くても2週間程度なので、スピーディなのも嬉しいポイント。

契約から納車まで、新車リース(いまのりくん)で1~2ヶ月程度、中古車リースで3週間程度となり、自宅まで車両を届けてきてくれます。

また、契約時の特典として、特乗レンタが付いてきます。これは、オリックスレンタカーを通常の半額以下の料金で利用することができるサービスです。

レジャーや特別な遠出などに、まさにうってつけですね!

オリックスカーリースを利用する上で知っておきたいのが、公式サイトで常に特集されている特選車の存在。車両ごとに期間限定で、特別な値下げ料金で利用することができます。

これは他の業者には見られない、オリックスならではのサービスです!

全国各地の提携修理工場でサポートはばっちり!

また、オリックスは全国各地に提携修理工場が存在します。
旅行や出張で遠出している時に車両トラブルが発生しても、安心して修理することができるわけです。

転勤先で車両がどうしても必要になったという時に、カーリースを利用するケースも多いですが、オリックスカーリースの場合では全国各地に提携修理工場が展開していますので、転勤がとにかく多いという方にとってはオリックスカーリースは有力な選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

全国でしっかりとしたサポートを受けられるのは、大手ならではの強みと言ってよいでしょう!

コミコミのプランが魅力!いまのりシリーズ

オリックスのカーリースサービス、いまのりシリーズは、いまのりくん・いまのりセブン・いまのりナインの3つに分かれています。

特筆すべきポイントとして、いまのりシリースは一定の年数が経過すれば、中途解約が可能になること。

カーリースのデメリットとして、契約期間が定められており、基本的に中途解約不可といった点が挙げられますが、いまのりくんであれば、状況が変化した場合でも融通を効かせられるわけです。

  • いまのりくんがが5年間の契約期間で、2年間経過した時点で中途解約可(残りの3年間分の料金の支払いは免除)
  • いまのりセブンが7年間の契約期間で、5年間経過した時点で中途解約可(残りの2年間分の料金の支払いは免除)
  • いまのりナインが9年間の契約期間で、7年間経過した時点で中途解約可(残りの2年間分の料金の支払いは免除)

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

いまのりくんは2年の短期で乗り換え可能

いまのりくんでは、2年間を経過した時点で中途解約が可能になる外、車両の乗り換えが自由になります。
燃費の良い軽自動車にしようと思ったり、あの車が気になるという場合に乗り換えできるのは嬉しいことですね。

いまのりセブン・いまのりナインは契約満了でキャッシュバック受け取り可能

いまのりセブン・いまのりナインは、契約終了後に車両を自分のものにするか、契約時の年間リース料金の20%をキャッシュバックで受け取るかを選択することができます。

全リース共通でメンテナンス代金などが含まれている

いまのりくん・いまのりくんセブン・いまのりナインに共通して、月額料金に車検やメンテナンスの費用が含まれています。
なお、契約期間が長くなればなるほど、月額料金がお安くなる仕組みとなっています。

さらに、契約期間中は車検無料クーポン・エンジンオイル交換券・オイルエレメント交換券が無料で配布される上、特乗レンタのサービスも利用可能です。

オリックスならば古車リースも充実!ワンプライス中古車リース

オリックスは、ワンプライス中古車リースという、充実の中古車リースサービスを展開しています。

オリックスの中古車は管理体制が行き届いている上、陸送費が0円というところが嬉しいポイントです。
ただ、新車のリースと違い、納車場所がオリックス店舗提携工場となる点には注意しましょう。

ワンプライス中古車リースは、個人向け法人向け共通して、大きく分け6つの分類(軽乗用車・軽バン・軽箱バン・コンパクト・ライトバン・セダン)から選択する形となります。

それらの車両は、下に挙げる条件をクリアしています。

  • 1年間のオリックス自動車保証
  • 修復歴なし
  • 走行距離10万キロ未満
  • 経過年数8年以内

これなら安心して、中古車をリースすることができますね!

ただし、ワンプライス中古車リースは原則として中途解約は一切認められていません。
いまのりくんシリーズのように、一定期間が経過すればペナルティ無しに中途解約できるといったことがない点にご注意ください。

個人向けサービス、ワンプライス中古車リースMyCar・ワンプライス中古車リースPREMIUM

オリックスの個人向け中古車リースサービスは、ワンプライス中古車リースMyCarワンプライス中古車リースPREMIUMに分かれています。
この二つのプランの月額料金には共通して、車両本体価格や重量税、自賠責保険料といった諸費用が含まれている形となります。

ワンプライス中古車リースPREMIUMを契約すると、車検無料クーポンやオイル交換無料クーポン、オイルエレメント交換無料クーポンを利用することができるようになります。

メンテナンスの諸費用が実質月額料金に組み込まれており、車の運用にかかる費用を一括にまとめられるのが、PREMIUM契約時のメリットです!

ワンプライス中古車リースMyCar、ワンプライス中古車リースPREMIUMともに、契約終了時に車を返却するか、買い取るか選択することが可能です。
使っているうちに愛着が湧いた!という場合に、買い取る選択肢があるのは嬉しいことですね!

法人向けサービス、ワンプライス中古車リースBUSINESS

オリックスの法人向け中古車リースが、ワンプライス中古車リースBUSINESSです。

ファイナンシャルリースメンテナンスリースに分かれていますが、経理上の手間ひまを省くためには、車検や整備などの、運用に掛かる費用が月額料金にコミコミとなったメンテナンスリースを選択した方がよろしいでしょう。

契約期間3年~7年で、契約終了時に車両の買い取りは不可です。

まとめ

オリックスのカーリースサービス、いまのりくん・いまのりくんセブン・いまのりくんナイン一定期間経過後、ペナルティ無しで中途解約可なので、予期せぬライフスタイルの変化にも対応できます。

メンテナンス費用が実質料金に含まれているのも、嬉しいポイントですね。

オリックスを利用されるに当たっては、ご自身がリースしようと思っている車両が特選車として取り扱われていないか、是非とも公式サイトでチェックされてみてください。特選車であれば、他の業者よりも断然お得な月額料金で利用することができます!

カーリースを利用するに当たって無視できない大物のような存在、それがオリックスのカーリースサービスなのです!

-カーリースサービス業者の特徴

Copyright© カーリース徹底ガイド|メリット・デメリット解説&おすすめ業者比較 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

コロナの影響で選べる車種が減ってきています
もろコミ公式サイト