カーリースFAQ

カーリース審査における、個人・法人・個人事業主の違いとは?

投稿日:

カーリースを利用するに当たって、必要となってくるのが契約時の審査です。
これを突破しないと、カーリースサービスが利用できなくなります。

審査という言葉に、不安を覚える方も多いのではないでしょうか。
この記事では、個人・法人・個人事業主別に、審査について徹底解説いたします!

ローンよりも容易い!?カーリース時の審査とは?

カーリースの審査は、一般的にカーローンの審査と比較して通りやすいです。

リース契約時にあらかじめ契約終了時の売却価格を予想しておき、それを現在の売却価格から差っ引き、残った金額をリースで分割して支払うというのがカーリースの仕組みなので、支払う金額はカーローンよりも安くて済みます。

なので、要求される支払い能力のハードルが下がるわけです。
また、年収の3分の1までの金額まででないと契約できないという、総重量規制にもカーリースの場合は関係ありません。

カーローンの審査でだめだった方は、カーリースサービスを考慮に入れてみてはいかがでしょうか?

個人のカーリース審査で注意すべきこと

個人の注意すべきポイントを確認しましょう。

ポイント1:債務整理歴

個人がカーリース審査パスするために第一にクリアしなければならないのは、債務整理歴がないかどうかです。

債務整理とは、債務者が債務を履行できなくなった場合(例えば借金で苦しんでいるなど)に、法的手段によって債務を免責したりすることで、自己破産任意整理といったものがその代表です。

こうした情報は、信用情報として情報機関に5年程度保存され、他の機関が紹介できるようになっています。
その間はカーリースの契約は止めたほうが無難でしょう。

ポイント2:クレジットカード支払い履歴

第二に、クレジットカードの支払いで遅延を起こしていないかも重要です。

クレジットカード関連の個人情報(借り入れ状況や支払いの遅延など)はCICという指定信用情報機関に保管されますが、そこでブラックリスト入りしていると、カーリースのみならず他のローン等の契約全体に響いてきます。

第三に押さえておきたい点は、年収です。年収200万円以下の低所得の場合は十分な支払い能力を持っていないとみなされます。
他に担保となる財産が存在しない場合、連帯保証人をつけたり、契約者名義を他の人にするなどの対策が必要でしょう。

職業面に関しては、公務員が一番有利で、その次は会社員となり、勤めている会社の規模でランク付けされます。
勤続年数が多いほど、有利になりますが、最低でも1年以上は必要です。

住まいに関しても、賃貸よりは持ち家の方が有利です。

これらの点を勘案して、総合的に審査されることになります。

法人のカーリース審査で注意すべきこと

法人のカーリース審査に通るには、経営状態が良好であることが絶対条件となります。(いわゆる与信審査ですね)
前期決算が赤字で、今年の黒字幅が小さい場合、カーリース審査は赤信号が灯っているとみて間違いないでしょう。

また、保証人となる経営者の個人的な経済状況も良好でないといけません。注意すべきポイントは、個人向けカーリースの場合と同じになります。

個人事業主のカーリース審査で注意すべきこと

個人事業主の方がカーリース審査で注意すべきことは、まず何と言っても経営状況

前期の決算が赤字であったり、またその危険性が大きい場合、借り入れ金の残高が利益と比較して多いいう場合は要注意です。
また、契約するのはあくまでも個人なので、過去に自己破産したり、債務整理を行っていないかも注意しましょう。

起業の際に借りた運転資金はもちろん、携帯端末のローンやクレジットの分割払いなど、個人レベルでも債務をシビアに管理する必要があります。

【共通】審査をパスするために、あらかじめやっておきたいこと!

審査を確実に通過するために、考えられる手段として最初に挙げられるのが、頭金を多めに支払うことです。

そうなると当然、残りの月額料金を安くすることができますので、求めれられる支払い能力のハードルが下がり、その結果審査に通りやすくなります。

購入したりローンを利用する場合と比較して、初期費用を大幅に抑えられるのがカーリースの大きなメリットではあるので、頭金を多く払うのであれば、カーリースを利用するメリットがその分損なわれ、本末転倒の様な感じになる危険性があります。

ですが、審査に通らないのであれば仕方ないので、背に腹は代えられません。
あくまでも極力…という話です。

分割払いは早めに支払っておく

また現在、クレジットカードや携帯端末などで分割の支払いがあれば、可能な限り一括返済しましょう。
それによって、支払い能力を差っ引かれることがなくなります(ちなみに分割払いとはいっても、カーリースの審査で住宅ローンの支払いを差し引かれることはありません)

個人の借り入れが多ければ多いほど、新規に借り入れをするのが難しくなるという道理です。
カーリース契約は一種の借金だという認識を、確かに持っておく必要があります。

もし、審査に落ちてしまったら

これまで挙げたことを試してみて、それでも審査に落ちてしまったらどうすればよいのでしょう?

そうした場合、信用度を上げて再チャレンジしてください。
具体的には支払い能力のある方に連帯保証人になってもらったり、契約者名義を自分より経済力のある家族に変更するなどの方法を取ります。

年収が200万円以下の方には、この二つの方法が特に有効です。また、利用したい車両のグレードを下げるのも良いでしょう。
グレードが下がれば当然リース料金は安くなるので、その分審査に通りやすくなります。

また、他のカーリース業者で審査を行うというのも、一つの手段として有効です。

まとめ

ローンの場合と比較し、全体的に審査基準が甘いと言われているカーリースですが、これまで挙げたように、厳然たる基準がそこには存在しています。

こうした審査条件は、前もってそのカーリース業者のホームページで調べることもできます。

カーリース業者は、収入の安定性と過去に大きな金融事故を起こしていないかで審査しているので、その点をしっかりと押さえておく必要があるでしょう。

個人・法人・個人事業主の審査に共通していることは、毎月きちんとリース料金を払えるということをいかにしてカーリース業者に証明していくかです。それを念頭に置いてみて、カーリースの審査に挑んでください!

カーリースにおすすめの業者

コスモスマートビーグル

CMでお馴染みのコスモ石油のカーリースサービスです。車検や自動車保険はもちろん、タイヤ交換、バッテリー交換、ブレーキパット交換などの消耗品もコミコミのプランを用意しています。また、コスモ石油が運営しているためコスモ石油で給油することで常に5円引きのサービスも受けられるようになります。
対応車種 全メーカー全車種OK
特典 ガソリン料金値引き
対応地域 全国
運営会社 コスモ石油

もろコミ

もろコミはカーコンビニ倶楽部が運営するカーリースサービスです。もろコミには7年プラン、9年プランがあり、9年プランだとリース後に車を貰うことができます。7年プランの場合は、7年後に乗り換えるか、そのまま車を買い取ることもできてしまいます。長期間車に乗ることを前提に考えられたサービスとなりますね。また、国産車なら全車種OKなので、自分の好きな車を選べるの魅力です。
対応車種 国産乗用車全車種
特典 メンテンス特典付き
対応地域 全国
運営会社 カーコンビニ倶楽部

オリックスカーリース

オリックスのグループ会社でカーリースの他「レンタカー」、「カーシェアリング」の事業も行っています。オリックスのカーリースのプランには、リース終了後に自分の車になる「いまのりセブン」、「いまのりナイン」というプランがあり、長く車に乗りたい、将来的には自分のものにしたいという人には向いています。ただ、車検はもちろん無料ですが、オイル交換が半年ごとに無料クーポンで対応しているというプランのみしかないので少し残念です。
対応車種 国産車を中心に指定機種をラインナップ
特典 なし
対応地域 全国
運営会社 オリックス

-カーリースFAQ

Copyright© カーリース徹底ガイド|メリット・デメリット解説&おすすめ業者比較 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

コロナの影響で選べる車種が減ってきています
もろコミ公式サイト