カーリースFAQ

カーリースで短期間契約はできるの?利用可能サービスをご紹介!

投稿日:

現在注目されているカーリースサービスですが、基本的には長期契約を前提としております。
それでは、1ヶ月~3ヶ月といった、短期間で契約することはできないのでしょうか?

実は、カーリース業者によってはそれが可能なんです。

短期間でカーリースを契約する際のメリットデメリット、おすすめの業者についてご紹介いたします!

コストパフォマンス抜群!短期カーリースのメリット

短期カーリースを利用することのメリットを挙げます。

  • 1ヶ月からの、超短期リースが可能!
  • 短期間の契約ならば、予期せぬライフスタイルの変化が発生しても安心

最近では、短期間でカーリースサービスを展開している業者も増えてきています。
1年2年といった年単位ではなく、1ヶ月2ヶ月の月単位からカーリースを利用することができます。

レンタカーとも似てきますが、レンタカーの場合は1日当たりの料金が数千円から一万円程度に設定させているのに対し、短期カーリースの場合は1日当たり500円からのリーズナブルな料金で利用することも可能です。

数ヶ月だけ車を利用したいけども、レンタカーだと割高になってしまうという場合に最適ですね!

カーリースは原則的に中途解約ができませんが、短期間の契約であれば、契約期間中に万が一車両をそれほど利用しなくなってしまったり、車種を変更したくなったりした場合のリスクを少なく抑えることができます。

お気軽利用というわけにいかない?短期カーリースのデメリット

今度は、短期でカーリースを利用した場合のデメリットを挙げてみましょう。

  • レンタカーと違い、すぐに利用できない
  • 数日間だけの利用は不可
  • 中途解約すると損をしてしまう

短期カーリースで利用できる車両は、中古車であるのがほとんどです。これは車両の耐用年数が短くても、短期のリースであれば問題なく使用に耐えるからです。

もちろん管理や清掃は行き届いていますが、フレッシュな新車を利用できるわけではないことを念頭に置かれてください。

短期カーリースの場合、料金はレンタカーと比較して安価で済みますが、契約に当たって車庫証明経済状況の調査が必ず必要になるので、すぐに利用!というわけにはいきません。

また、いくら短期間とはいっても、1ヶ月が最短の契約期間です。
数日間だけ欲しい!という場合でも、融通は効かせられないので、その場合はレンタカーの方が適しています。

初期費用が2~3万かかってしまう可能性もあるので、それで1~2ヶ月ほどしか利用しない場合は、結果として割高になってしまうでしょう。

さらに、カーリースサービスに共通することですが、基本的に中途解約ができません。

事故などで止むを得ず解約する場合残りの料金を一括で返済しなければならない上、違約金を払わなければならなくなるケースもあるので注意しましょう。

短期間リースが可能な業者をご紹介

それでは、短期間のカーリースが可能な業者で、おすすめの2社をご紹介しましょう。

ワンコインリース

ワンコインリースはその名の通り、1日当たり500円程度のリース料金で車両を利用可能なサービスです。特筆すべきは、最短1ヶ月という超短期間リースも可能であること。

コストパフォーマンス抜群で期間の融通が効きやすいという、まさに理想的な短期カーリースサービスですね!

走行距離が長い車両をリースしているからこそ、ここまでの低価格でリースが可能なのですが、低年式で整備が行き届いているので、安心して利用することができます!

ただ注意しなければならないのが、契約時に発生する名義変更費用(38,000円)の存在。
1ヶ月程度しか利用しない場合などでは、総合的に見ると割高になってしまった…ということも十二分にあり得るわけです。

お手軽に利用できる反面、そうしたリスクは事前に考慮しておく必要があります。

NOREL(ノレル)

中古車メインの短期カーリースサービスがNOREL(ノレル)です。
運営会社はIDOM。中古車のガリバーでおなじみですね。

最低契約期間90日で、それ以降は1ヶ月ほどに契約を更新する形となります。
最初の90日は同じ車両を利用しなければなりませんが、それ以降は1ヶ月ごとに別の車両を利用することが可能です。

基本的には、利用期限が設定されている中古車を利用する形となりますが、気になっている色んな車種・メーカーを試すことができるという話になります。

まさに色んな車にノレルのが、特筆すべき点ですね!

契約期間が短く設定されている分、月額料金が高めなのが特徴です。
とは言え数ヶ月単位でご利用されるのであれば、コストパフォーマンスは抜群でしょう!

またNORELケアという有償保険(月1万円から、利用可能)があるのも嬉しいポイント。
自損事故や当て逃げにも保険がおりるなど、保険の適応範囲を断然広くすることができます。

NORELを利用する上で、是非とも契約しておきたいところです。

まとめ

一時的にライフスタイルが変化して、どうしても車が必要になった場合に、数ヶ月単位での契約が可能な短期カーリースは最適と言えます。
レンタカーを利用するより断然、一日当たりの料金を抑えることが可能です!

ただ、契約するのに審査が必要不可欠になるので、あらかじめ早めに申し込みをされておくのを忘れないようにしましょう!

通常のカーリースは数年単位の期間になるので、契約に当たって今後の人生の設計や見通しをしっかりさせた上で、じっくりと考える必要がありますが、短期カーリースならばそうした敷居の高さは存在しません。

カーリースに興味を持たれている方は、まずは短期カーリースで様子を見てみるというのも良いかもしれません。

カーリースにおすすめの業者

コスモスマートビーグル

CMでお馴染みのコスモ石油のカーリースサービスです。車検や自動車保険はもちろん、タイヤ交換、バッテリー交換、ブレーキパット交換などの消耗品もコミコミのプランを用意しています。また、コスモ石油が運営しているためコスモ石油で給油することで常に5円引きのサービスも受けられるようになります。
対応車種 全メーカー全車種OK
特典 ガソリン料金値引き
対応地域 全国
運営会社 コスモ石油

もろコミ

もろコミはカーコンビニ倶楽部が運営するカーリースサービスです。もろコミには7年プラン、9年プランがあり、9年プランだとリース後に車を貰うことができます。7年プランの場合は、7年後に乗り換えるか、そのまま車を買い取ることもできてしまいます。長期間車に乗ることを前提に考えられたサービスとなりますね。また、国産車なら全車種OKなので、自分の好きな車を選べるの魅力です。
対応車種 国産乗用車全車種
特典 メンテンス特典付き
対応地域 全国
運営会社 カーコンビニ倶楽部

オリックスカーリース

オリックスのグループ会社でカーリースの他「レンタカー」、「カーシェアリング」の事業も行っています。オリックスのカーリースのプランには、リース終了後に自分の車になる「いまのりセブン」、「いまのりナイン」というプランがあり、長く車に乗りたい、将来的には自分のものにしたいという人には向いています。ただ、車検はもちろん無料ですが、オイル交換が半年ごとに無料クーポンで対応しているというプランのみしかないので少し残念です。
対応車種 国産車を中心に指定機種をラインナップ
特典 なし
対応地域 全国
運営会社 オリックス

-カーリースFAQ

Copyright© カーリース徹底ガイド|メリット・デメリット解説&おすすめ業者比較 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

コロナの影響で選べる車種が減ってきています
もろコミ公式サイト