車種・メーカー別カーリース

カーリースはどこがお得?トヨタ車人気モデルの各料金を比較!

投稿日:

国内のみならず全世界で圧倒的なシェアを誇るトヨタ。カーリースを契約する際にも、トヨタ車のあのモデルをリースしたいと思われる方も多いでしょう。

ですが、どの業者と契約するのが料金面でお得なのでしょう?

ここでは、スマートビーグル・オリックス・もろコミという、代表的な大手カーリース3社でトヨタ車の人気モデルをリースしたときの料金と特徴を徹底比較いたします!

スマートビークルの特徴について

コスモ石油が運営するカーリースサービスが、スマートビークルです。
個人向け法人向けのプランでは、ゴールドパック・シルバーバック・ホワイトパックの3種類を選択できます。

ゴールドパックが最も月額料金が高くなりますが、その分車検費用・各種メンテナンス費用がセットで含まれる形となります。
逆に、ホワイトパックでは月額料金は最も安いものの、メンテナンス費用は自己負担になります。
シルバーパックはこの中間です。

全国のコスモ石油で、ガソリン料金の割引サービスがあるのも嬉しいポイント。

ただ、契約期間であっても一定期間が経過した後はペナルティなく中途解約ができるというのは、スマートビークルの場合はありません。
原則として定められた契約期間を全うしなければならないのには注意しましょう。

オリックスカーリースの特徴について

自動車保有台数が日本一のオリックス。カーリースサービスも大変魅力的です。
個人向けではいまのりくん・いまのりセブン・いまのりナインの3つのサービスを展開しています。

それぞれの特色を見ていきましょう!

  • いまのりくんがが5年間の契約期間で、2年間経過した時点で中途解約可(残りの3年間の料金の支払いは免除)
  • いまのりセブンが7年間の契約期間で、5年間経過した時点で中途解約可(残りの2年間の料金の支払いは免除)
  • いまのりナインが9年間の契約期間で、7年間経過した時点で中途解約可(残りの2年間の料金の支払いは免除)

一定の期間が経過した後は中途解約が自由となります。

基本中途解約が認められていないカーリースは、契約期間中にライフスタイルなどの変化があった場合、柔軟に対応しずらいという欠点がありますが、それが緩和されています。

オリックスのレンタカーを特別料金で利用できる、特上レンタという特典も利用可能なので、レジャーなどにもうってつけですね!

もろコミの特徴について

カーコンビニ倶楽部が展開するカーリースサービスがもろコミです。

特筆すべき点は残価を設定していない点で、契約終了時に改めて車両の査定をして、予想したよりも下取り価格が下がっていた…という場合に、その差分を支払う必要は一切ありません。

契約期間が7年のもろコミ7と9年のもろコミ9の2種類に分かれており、もろコミ9の方が、月額の料金を抑えることができます。

また、契約終了の2年前(もろコミ7で5年間経過・もろコミ9で7年間経過)から、違約金なしでの中途解約や乗り換えが自由になります。
ライフスタイルの変化や気になる新車が出た場合でも、柔軟に対応可能です!

嬉しい特典として、キズ・へこみ修理無料サービスがあります。こちらは一年間、3万円分まで保証されます。
うっかりこすってしまった場合やぶつけてしまった場合でも安心ですので、運転の経験が少ない方にとってはうってつけです。

ただ、リースできる車両が、スマートビークルやオリックスと比較して多くありません。
この車をリースしたい!という場合、もろコミでは取り扱っていない可能性があるので注意しましょう。

アクアのリース料金をスマートビークル・オリックス・もろコミで比較

コンパクトハイブリッドカーとして、トヨタ車の中でも高い人気を博しているのがアクア
小回りが効いて使いやすさが抜群の上、低燃費と手頃な価格が、その理由でしょう!

グレードはL(1500cc)で2WD・A/T、7年間(84回)で各社見ていきます。

スマートビークルでの見積もり

オプションはつけずに、ゴールドパックで見積もります。
月々36,072円×84回(税込)となります。

オリックスでの見積もり

7年間契約のいまのりくんセブンで見積もります。
月々33,048円×84回(税込)となります。

これは、特選車としての料金です。

もろコミでの見積もり

7年間契約のもろコミ7で見積もります。
月々31,428円×84回(税込)となります。

プリウスのリース料金をスマートビークル・オリックス・もろコミで比較

世界初の量産ハイブリッド車として、トヨタ車の中でもステータスを確立しているプリウス
先進装備が充実していますので、高い安全性能が保証されています!

押しも押されぬスタンダードモデルと言ってよいでしょう。
グレードはE(1800cc)で2WD・A/T、7年間(84回)で各社見ていきます。(もろコミは、モデルはSとなります)

スマートビークルでの見積もり

オプションはつけずに、ゴールドパックで見積もります。
月々43,956円×84回(税込)となります。

オリックスでの見積もり

7年間契約のいまのりくんセブンで見積もります。
月々42,768円×84回(税込)となります。

もろコミでの見積もり

7年間契約のもろコミ7で見積もります。
月々41,796円×84回(税込)となります。

カローラのリース料金をスマートビークル・オリックスで比較

トヨタ車のベストセラーと言ったら、何と言ってもこのカローラ
信頼と実績の長命ブランドとして、歴史に名を残し続けるカローラをリースしたい!というご要望も多いことでしょう。
カローラアクシオを選択し、グレードは1.3X(1300cc)で2WD・A/T、7年間(84回)で各社見ていきます。
もろコミでは、残念ながらカローラはリースされていません。

スマートビークルでの見積もり

オプションはつけずに、ゴールドパックで見積もります。
月々34,668円×84回(税込)となります。

オリックスでの見積もり

7年間契約のいまのりくんセブンで見積もります。
月々31,860円×84回(税込)となります。

まとめ

ここまでトヨタ車人気モデルの、スマートビークル・オリックス・もろコミの各社見積もりをご紹介いたしました!

まとめて表にしてみます。

スマートビークル オリックス もろコミ 備考
アクアのリース料金(税込) 月々36,072円×84回 月々33,048円×84回(特選車) 月々31,428円×84回
プリウスのリース料金(税込) 月々43,956円×84回 月々42,768円×84回 月々41,796円×84回(税込) もろコミはモデルS
カローラのリース料金(税込) 月々34,668円×84回 月々31,860円×84回 取り扱い無し

コスモスマートビークルが最も割高となりますが、その月額料金にはメンテナンス費用や車検費用などが全て含まれています。
また、コスモ石油のサービスステーションで給油が割引されるのも大きいです。

一方のオリックスは、格別に安い特選車の存在は見逃せません。

ご自身がリースしたい車両を、真っ先にオリックスの公式サイトで検索し、特選車に該当していないか確認してみるのも、一つの方法でしょう。特選車に該当していた場合、他社より断然安い月額料金で利用することができるからです。

比較的安価な月額料金のもろコミでは、契約時に残価設定がされないのが大きなメリットです。契約終了時に予想以上に車両が損耗した場合、その分の料金を取られるリスクが存在しません。

また、1年間のキズ・へこみ無料サービスがありますので、運転が荒い方や運転に自信がない方は、もろコミを選択したほうが最終的には一番得になるでしょう。

利用する側がしっかりと自身のライフスタイルの計画と見通しを立てることによって、いずれのカーリースサービスが最適か、自ずと答えを導き出せることと思います!

車を日々の生活に利用する人

毎日の生活に車が欠かせないという人はコスモスマートビーグルがおすすめです。

メンテナンス代金や日々のガソリン代の節約につながるためリース代以上に維持費用が安くなります。

車の利用頻度はあまり多くない人

車の利用頻度があまり多くない人はオリックスがおすすめです。

特選車のリース費用がとても安いので、ガソリン代や維持費があまりかからないなら、最もお得になる可能性があります。

車の運転にちょっと自信がない人

車の運転が苦手な人はもろコミがおすすめです。

カーコンビニ倶楽部が運営しているので修理代などが無料となる特典があり、ちょっとした傷や凹みは無料でなおせます。

-車種・メーカー別カーリース

Copyright© カーリース徹底ガイド|メリット・デメリット解説&おすすめ業者比較 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

コロナの影響で選べる車種が減ってきています
もろコミ公式サイト